FC2ブログ
私のMEMO帳
A次元と豆電球と歯車です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
機械割100%の真相
機械割100%とは何を意味しているのでしょうか。
4号機時代、パチスロ攻略雑誌などに「低設定でも機械割100%以上!」などの謳い文句がありました。
クランキーコンドルや大花火がそれにあたるでしょうか。
個人的には機械割100%なので収支的にもトントンになるだろうと思っていましたがどうやら違うようです。
極端な話、「差枚数+5000枚と-5000枚で±0だ」という主張らしいのです。
たとえばこれを10回試行すると1人は+50000枚、もう一人は-50000枚となるわけです。
これはパチスロで勝つという個々の勝利スタイルによる思うのですが「少ないリスクで大きなメリットを得る」
というのが私の基本的な思いです。
お店側としては出玉感だけ演出しておき後はお客様だけでお金のやり取りをしてくださいと言っている様なものでしょう。
どうすれば「少ないリスクで大きなメリットを得る」ことができるでしょうか。
これはいわゆる安定性の一言に尽きると思います。
収支的にいかに下ブレを少なくし上ブレを大きくしていくか、これは機械割の高い台を狙っていくだと思います。
機械割の高い台を多く打ち続けることができれば下ブレを少なくし上ブレを大きくすることが実現できます。
私はもう機械割100%の台には騙されません。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。